スイミングスクールで溺れる事故に遭わないために

スイミングは水の中で行うスポーツなのでケガが少ないことはよく知られていますが、その一方でひとたび事故となると、陸上では起こりえないリスクがあることも事実です。

陸の上ではちょっとしたケガで済むことも、水中では「溺れる」ことに直結してしまいます。まだプールの底に足がつかない小さな子供の場合は、特に心配になってしまいますよね。

この記事では、スイミングスクールでの事故を未然に防ぐための、知っておくべき情報をまとめてご紹介いたします。

1.スイミングスクールで溺れるのはどんなとき?

スイミングスクールで子供が溺れる事故は、水慣れや少し泳げるようになったクラスで起こりやすく、年齢でみると2~6歳くらい。まだ背が小さく、プールの底に足がつかない幼児に発生することが多いようです。

スイミングスクールの対策

スイミングスクールでは以下の対策を講じて、常に子供の様子に気を配りながらレッスンを行っています。

クラスに関わらず

  • 必ずコーチの目が届くところに子供を配置
  • 指導中も定期的に人数と体調の確認を実施
  • 泳力に応じてヘルパーなどの補助具を使用

水慣れの段階では

  • プールフロア*を使用して水深を調整する
    *水中に沈めて使う台
  • 足がつかない場所ではヘルパーを使用する
  • 活動スペースを狭めることで死角を減らす
  • 複数のコーチで役割分担して死角を減らす

特に水慣れの段階では、全員が水の中に入って活動することが多いため、レッスン中は子供たちが安全に受講できるよう、輪をかけて策を講じています。

しかし、これだけ万全の体制をとっていても、水泳中の不慮の事故は年間数件、発生しています。

かと言って、溺れるリスクを恐れるあまり、水に入ること自体を避けていては、子供が泳ぐことを楽しみ、泳ぎを習得するチャンスを奪ってしまうことにもなりかねません。

大切なのは溺れることを恐れるだけでなく、誰にでもそのリスクがあることを理解しておくことです。

受講者の対策

受講者は水の中で運動するということを意識して、スイミング前後の体調管理をしっかり行う必要があります。子供の体調管理は、親の責任です。

水慣れクラスでは、さまざまな動きを通して水への恐怖心を取り除き、呼吸の仕方を練習します。水中に潜ったり、自由に動いたりできるようになれば溺れる可能性は低くなりますが、水に慣れるにはまだまだ練習が必要です。

レッスン中にある溺れるパターン

子供たちが水に慣れてくると、1~2人ずつ順番に入水して、コーチがしっかりと子供に目を配れる体制を取ります。

しかし、子供は「予想外の行動」をすることがあります。隣のクラスが気になったり、ギャラリーにいるお母さんやお父さんを見つけて手を振ったりしているうちに、プールフロアのない深みのほうへ移動してしまっていることも。

まだ泳げないうちは、不意に足がつかなくなることで「パニック」になり、水を飲んで呼吸がうまくできず溺れてしまいます。

多少泳げるようになってからも、息継ぎをした際に誤って水を飲んでしまうと、むせて呼吸ができなくなりパニックを起こすことがあります。

これらの事象が、
コーチの目が届かない場所
コーチが他の子供の対応で目を離しているすき
に起こったりすると異変に気づくまでに時間がかかり、重大な事故につながってしまいます。

コーチの配置人数はスイミングスクールによって異なりますが、どれだけ体制を整えていても「事故が起こる可能性は0ではない」と考えておくべきです。

2.スイミングスクールで溺れてしまったら

万が一溺れたとしても、すぐに助けられ大事にはいたらないケースがほとんどだと思いますが、「溺れてしまった」という事実は親子共々ショックが大きいものです。

子供がレッスン中に溺れてしまった場合、その後はどのように対処すればよいのでしょうか? 

子供への対応

まずは、顔色、せき込みや息苦しさなどがないかを確認します。元気そうに見えても、その日の体調に変化がないか気をつけながら、注意深く様子を見るようにしましょう。

水を飲んでしまった場合は、吐いてしまいます。その後、せきが治まらないなど、気になる症状があれば早めに病院で診察を受けましょう。

メンタル面のケアも大切です。溺れたことをすぐに忘れてケロッとしている子もいますが、なかには溺れたことがトラウマになってしまう子もいます。

そうなると、プールに入ることへの恐怖心でスイミングスクールへ行くことを拒絶してしまうことも十分に考えられます。その際は無理強いせずに、子供の気持ちを受け止めてあげましょう。

スイミングスクールへの対応

万全の体制をうたっていたとしても、子供が溺れてしまった場合、保護者の立場としてはスクールやコーチに対して憤りを感じてしまうと思います。

スイミングスクールへは、
事故当時の状況
安全管理体制
について、納得のいく回答が得られるよう説明を求めます。

どのスイミングスクールも子供を安全に指導するための体制を取っているはずですが、危機管理に対する意識や方針は「スクールによって異なる」もの。

事故後にスクールを継続するかどうかの判断は、以下のようなポイントを参考にするとよいでしょう。

  • 対応に誠意を感じられるか?
  • 原因の特定に務めているか?
  • わだかまりなく再開できそうか?

安全面で改善が必要だと思われることはスクール側に要望を出し、納得できる答えが得られないのであれば、別のスクールへ移るという選択肢もあります。

子供が今後も安心してスイミングスクールに通うためには、信頼関係が必要不可欠です。

3.スイミングスクールで溺れないために

水の中でアクシデントがあれば、溺れる可能性は誰にでもあります。だからこそ、どんな状況でも過信することなく、事故につながるようなリスクを回避する姿勢が大切です。

事故を回避する3つのポイント

以下に、スイミングスクールで溺れる事故にあうリスクを回避するための「3つのポイント」をまとめました。

  1. 入水前の体調管理
  2. 危機意識の醸成
  3. スイミングスクール選び
  1. 入水前の体調管理
    水中は体温が奪われやすいので、風邪気味で鼻水がひどいときの入水は避けましょう。
    体調が悪いまま入水すると、普段通りに呼吸ができずパニックを起こしやすくなります。
    プールに入る前の子供の健康チェックは欠かさないようにしましょう。

  2. 危機意識の醸成
    楽しいことがたくさんあるスイミングですが、プールには危険なこともあると教えましょう。
    プールサイドは走らない、ふざけて飛び込まない、などルールを守ることはとても大切です。
    プールは楽しいと同時に危険もあると理解することで、溺れるような状況を避けられます。

  3. スイミングスクール選び
    体制が整っていたとしても、ヒューマンエラーは起こります。
    ヒューマンエラーの原因は、スクールとコーチ個人の危機管理に対する意識の差です。
    スイミングスクールのコーチには、指導技術と合わせて高い危機意識が求められます。

スイミングスクールのアルバイトを始める前に知っておきたい情報まとめ

2019年3月13日

安全管理体制から見たスイミングスクール選びのチェックポイント

安全管理を重視してスイミングスクール選びを行う際には、以下の点に着目するとよいでしょう。

☑ 指導にあたるコーチとは別に監視員がいるなど、体制は整っているか?

☑ 1人のコーチが見る子供の数が多過ぎるなど、体制に無理はないか?

☑ 全員を見渡せる立ち位置に移動するなど、安全を確保している様子はあるか?

☑ こまめに点呼を行うなど、子供の顔色や表情に気を配っている様子はあるか?

☑ プールフロアの配置替えなど、指導以外のシーンで連携がとれているか?

筆者自身、身幼い頃、潜ったあと思うように水面に出ることができず、パニックになったことがあります。

泳げるようになれば、鼻に水が入ったり、水を飲んでしまったりという水中でのアクシデントがあっても、パニックにならずに対処できます。

「泳げるようになる」ということは、
息継ぎが自在にできるようになる
水中で体の力を抜けるようになる
と、いうことです。

筆者の場合、泳げるようになるにつれ、アクシデントが起こったときに落ち着いて対処できるようになっていきました。

4.まとめ

今回の記事では、スイミングスクールでの事故を未然に防ぐための、知っておくべき情報をまとめてご紹介いたしました。

溺れると聞くとどうしても怖いイメージを持ってしまいますが、怖いと思っているからこそ危険な状況に気づき、回避できるのです。

1つの重大な事故が起こるには、29のちょっとした事故と300のヒヤリとするミスがあるとされています(ハインリッヒの法則)。

重大な事故はスイミングの場合、死亡事故につながります。逆に考えると、ヒヤリとするミスを減らしていくことで、重大事故が起こる可能性を下げられます。

ヒヤリとするようなことを「大丈夫だろう」と過信することなく、常に減らしていく努力をすることが、水難事故の軽減につながります。

スイミングスクールのコーチに限らず、通っている子供とその保護者も「溺れる」ことの可能性を認識し、スイミングを安全に楽しめるようにしていきたいですね。