スイミングのジュニア選手が練習後、プロテインを飲むときに知っておきたいこと

プロテインというとアスリートやボディビルダーのような大人が飲むもの、というイメージが強いですが、実はジュニア用のプロテインがあることをご存知でしょうか?

そもそもプロテインとはたんぱく質を意味する英語です。たんぱく質は筋肉や骨、皮膚、血管、毛髪などを作るために必要な栄養素で、このたんぱく質を粉末化して飲みやすくしたものがプロテインです。

たんぱく質以外にもさまざまな栄養素が配合されていますが、ジュニア用のプロテインは大人用のものに比べ、特に成長に必要な栄養素が配合されているのが特徴です。

今回の記事ではジュニア用プロテインが子供の体に与える影響と効果的な摂取法、おすすめのジュニア用プロテインについて紹介します。

1.ジュニア用プロテイン摂取の効果と特徴

プロテインが体作りに効果的なのはわかるけど、子供に飲ませても大丈夫なのか心配…という人もいると思います。結論から言うと、正しく使えば子供がプロテインを飲んでも大きな問題はありません。

子供は大人よりも新陳代謝がよいため、日々の生活や体の成長にたくさんの栄養を必要とします。そこにスイミングなどの運動が加わると体はさらに多くの栄養を求めるため、成長に必要な栄養まで使ってしまいます。

運動後にたくさん食べてより多くの栄養を摂取すればよいのですが、体の小さな子供は一度に食べることができる量も栄養を吸収する力も限られているため、普段の食事だけでは栄養の摂取が追いつかなくなります。そこで不足する栄養素を補うため、ジュニア用プロテインを飲むことは有効だといえます。

したがってジュニア用プロテインは大人用のプロテインに比べ、カルシウムや鉄、ビタミンDなどの成長に必要な栄養素が多く配合されています。

ただし、ジュニア用プロテインはあくまで栄養補助食品であるということを認識しなくてはなりません。基本的に栄養は普段の食事から摂るのが望ましく、不足している分をプロテインで補うことが大切です。

また、プロテインを大量に摂取してもすべてが筋肉になるわけではありません。むしろ、大量に摂取することで体脂肪が増加することがあります。また、分解の際に肝臓や腎臓に負担がかかるほか、腸内環境を乱す可能性もあります。

なお「子供がプロテインを摂取すると筋肉ばかりついて身長が伸びなくなる」ということはありません。プロテインはすでにある筋肉を修復・増大させますが、そもそも筋肉量の少ない子供には筋肉がつきづらく、またプロテインは骨の成長を助けるため身長が伸びなくなる原因にはならないと言われています。

2.ジュニア用プロテインを効果的に摂取するためのポイント

ジュニア用プロテインを効果的に摂取するには「飲むタイミング」と「飲み方」がポイントです。

まず、飲むタイミングですが基本的には「運動後30分以内」がベストとされています。運動後30分以内は傷ついた筋肉を回復させるホルモンが多く分泌されるため、より効果的に栄養素が吸収されることが分かっています。

また、就寝前に飲むことも効果的です。睡眠中は成長ホルモンが分泌され、体内で筋肉の修復や疲労の回復、栄養バランスの改善などが行われます。成長ホルモンそのものもたんぱく質から作られるため、「就寝1時間前」を目安にプロテインを飲むと効果的でしょう。

次に飲み方ですが、ジュニア用プロテインは水か牛乳に溶かして飲むのが一般的です。水は手軽に飲むことができるので、運動後すぐに飲みたいときなどに向いています。牛乳はプロテインの味と相性がよく、水に比べて腹持ちがよいので就寝前に向いています。

成長に必要な栄養は普段の食事できちんと摂り、激しい運動の後や食事量が不足していると感じたら、プロテインで補うのが最も効果的な摂取方法だといえます。

3.おすすめのジュニア用プロテイン

各メーカーからさまざまなジュニア用プロテインが販売されていますが、子供が飲むものですからできるだけ安全性にはこだわりたいものですよね。特に価格が安すぎるものや海外産のプロテインの中には粗悪な成分を含むものも存在しますので注意が必要です。

ここでは国内産のジュニア用プロテインからおすすめのものをピックアップして紹介します。

SAVAS ジュニアプロテイン

ザバス ジュニアプロテインは、牛乳生まれのホエイ(乳清)プロテインを配合したジュニア用プロテインです。食事だけでは不足しがちなカルシウムや鉄、マグネシウム、ビタミン類を補えるよう設計されています。

スポーツ後に水で溶かしてすっきりと飲めるマスカット味と、牛乳に溶かして飲むのに向いているココア味がラインナップされています。

【公式】ザバス ジュニア プロテイン|株式会社 明治

weider ジュニアプロテイン

ウイダー ジュニアプロテインはホエイプロテインと大豆プロテインを配合したジュニア用プロテインです。たんぱく質と同じく子供の成長に欠かせないカルシウムが1食あたり500mgと、他のジュニア用プロテインよりも多く配合されているのが特徴です。

ホットでもアイスでもおいしく飲めるココア味で、季節を問わずプロテインを摂取できます。

【公式】ウイダー ジュニア プロテイン|森永製菓株式会社

ジュニア用プロテインはスポーツ用品店やドラッグストア、各種メーカーのオンラインショップや通販サイトで購入できます。価格が安いものよりも、安全性の高いものを選ぶようにしましょう。

まとめ

ジュニア用プロテインは子供の成長に必要な成分を補うための食品です。子供の体は普段の食事や運動、睡眠によって作られていきます。プロテインは少し栄養が不足していると感じたときに使うと効果的です。

スイミングのジュニア選手が練習後にプロテインを摂取するのであれば、普段から規則正しい生活とバランスの取れた食事を心がけ、適切なタイミングでプロテインを摂取することが大切です。