スイミングスクールのやめどきは? そのタイミングを考える

せっかく始めたスイミングスクールですが、他の習い事が重なったり、子供のやる気が感じられなかったりすると、やめてしまったほうがいいのか、続けていたほうがいいのか……悩んでしまいますよね。

「せっかく泳げるようになったのに、泳ぎ方を忘れてしまうのでは?」
「せめて四泳法は泳げるようになってほしい」

親としてはいろいろ思うところもありますが、仮にスイミングスクールをやめたとしても、水泳を通しての経験は、子供の体力面でも精神面でも必ずプラスになっているはずです。

子供の年齢によってやめる理由もさまざまですが、スイミングのやめどきはどのように決めるのがベストでしょうか?

この記事では、「やめたい」と言い出した子供への対処の仕方と、納得してやめるタイミングを見つける方法をご紹介します。

1.スイミングスクールのやめどきをどう決めるか

幼児のうちのやめどき

子供が小さいうちは、通い始めてしばらくの間、水を怖がったり親と離れるのがイヤだったりして泣くことも多いのですが、しばらくして環境に慣れてくると、プールを楽しめる場合がほとんど。

しかし、なかにはいつまでも嫌がって泣き続ける子もいます。その子にとっては、スイミングを始めるタイミングではなかったのかも……そのようなときは無理強いせず、一度退会して、また別の機会に始めるのもいいかもしれません。

子供の興味や関心は成長によってどんどん変わっていくものです。時間を置くことで、泣きやめずにいたことが嘘のように楽しめる時期がやってきたりします。

小学生になった後のやめどき

小学生になり、ある程度通って一通りの泳法を習得した子供の場合は、他の習い事を始めたり、進学の時期を迎えるなど、環境が大きく変化するタイミングがやめどきとなることが多いようです。

四泳法を習得した上でやめるか、続けるか、を迷ったときには、「ゴールデンエイジ」も一つの判断材料にしてみてください。

ゴールデンエイジとは、子供の運動神経がさまざまな面において発達する時期です。この時期に全身運動である水泳をすることで、基礎体力や運動能力の向上が期待できます。

スイミングで頭が良くなる? 水泳と脳科学の気になる関係

2019年7月12日

2.やめたいと思う理由にはどんなことが考えられるか

子供の立場

小さい子供の場合は、以下のようなことが理由でやめたいと言い出すことが多いようです。

幼児のやめたい理由
  • 水が怖い
  • クラスが変わった
  • お友達と分けられてしまった
  • コーチが怖い

ある程度泳げるようになり、成長した子供の場合は、以下のような理由でやめたいと言い出すことが多いようです。

小学生のやめたい理由
  • 速さを求められるようになるのがしんどい
  • 他のスポーツのほうが楽しい
  • 塾や勉強を優先しなくてはいけない
  • 進級が遅いので楽しくない

進級が遅いとスイミングに向いていない? 遅れる原因と家庭でできる対処法

2019年4月4日

親の立場

親の立場からは、以下のような理由があげられます。

親のやめさせたい理由
  • 四泳法をマスターした
  • 学業を優先させたい
  • 経済的にしんどい

費用を捻出している親の立場としては、「スイミングを始めたからには四泳法までは習得してほしい」との願いがありますが、一通り進級し、選手コースに上がることがなければ、「ここで一区切り」と考えることが自然のようです。

また、中学生になると部活動や勉強との両立が難しくなることから、「スイミングスクールは小学校卒業までで十分」と考える人が多いのも事実です。

3.やめたいと言い出したときにどう対処するとよいか

やめるタイミングには家庭の事情や考え方がありますので、答えは一つとは限りません。

以下に、年齢層に応じた子供への対処例をあげてみました。参考にしてみてください。

幼児の場合

この時期は親と離れるところから始まり、まずは水に慣れ、水中で体を動かすことを楽しむことが目的です。

参考にしたい対処例①

初めのうちは慣れない環境に嫌がることや、泣くこともあるかもしれません。
「楽しいね、がんばってるね」と前向きな言葉をかけながら温かく見守ってあげてください。
「できた!」という自信が生まれてくると、慣れとともに楽しめるようになってきます。

参考にしたい対処例②

仲良しのお友達とクラスが離れたり、コーチが変わったりして、「イヤだ」ということも。
子供の気持ちを受けとめてあげながら、あわてず様子を見てみましょう。
子供はちょっとしたキッカケで気持ちが変わり、逆に楽しくなったりもします。

参考にしたい対処例③

「せっかく通い始めたのだから」と無理強いをすると、水泳嫌いになることも……。
嫌がる状態が続くようなら、一度スイミングから離れてみてもいいのかもしれません。
時間が経つことで、難なく再開できるようになることがあります。

小学校低学年の場合

この時期になると、目的が泳法の習得に変わります。クロール→背泳ぎ→平泳ぎ→バタフライと、覚えることがだんだんと難しくなっていきます。

参考にしたい対処例

思い通りに進級できなくて「やめたい」と言い出すことがあります。
本人の意志をきちんと確認し、具体的な目標を一緒に考えましょう。
イヤになったからといって、すぐにやめてしまうのは考えものです。

参考にしたい目標例
  • バタフライで25mを泳げるようになったら卒業する
  • クロール50mで1分が切れたら卒業する
  • 200m個人メドレーが合格したら卒業する

進級が遅いとスイミングに向いていない? 遅れる原因と家庭でできる対処法

2019年4月4日

小学校高学年の場合

この時期には四泳法を習得し、目的が「泳法を身につける」ことから「速さを追求する」ことへと変わっていきます。

参考にしたい対処例①

飲み込みの速い子は、すでに選手コースでの練習を開始しています。
子供自身が変化を受け入れているのであれば、ぜひとも続けてさせてあげましょう。
自己ベストを更新できたときの喜びが、成長を後押ししてくれます。

参考にしたい対処例②

周りの子供が年下であることが増え、モチベーションが下がることがあります。
放任することなく、目標を共有することでサポートしてあげましょう。
選手コースでなくても四泳法を習得した先は、速さの追求が目的になります。

中学生以上の場合

自分の意志でスイミングを続けるのか、やめるのかを決められる年齢です。

参考にしたい対処例①

スイミングと他のスポーツとの両立は極めて困難です。
スイミング以上に関心の高いスポーツがある場合は、そちらを優先してあげましょう。
様々な経験を積むことは、プラスになること以外ありません。

参考にしたい対処例②

スイミングと学校の水泳部は両立に悩むことがあります。
どちらも中途半端にならないように、所属する団体にはきちんと礼儀を尽くしましょう。
困ったときに、より多くのサポートが得られるようになります。

部活とスイミングスクール、両立は可能? 得られるものと心掛けたいこと

2019年4月16日

4.まとめ

今回の記事では、「やめたい」と言い出した子供への対処の仕方と、納得してやめるタイミングを見つける方法をご紹介してきました。

やめるにしても続けるにしても、目標を設定して努力することはとても大切です。目標を達成した上で区切りをつければ、例えやめることを決めたとしても、逃げたのではなく納得して出した結果として、気持ちよく次の目標に向かうことができます。

楽しいことも経験し、苦しいことも経験し、真剣に取り組んでいるからこそ、やめることの決断は簡単ではありません。それでも、「納得できる」やめどきを見つけることが大切です。そのためにも、親子できちんと向き合って決めてくださいね。